SETAGAYA PORT
LABO_INCLUSIVE-DESIGN_resize

SETAGAYA SOCIAL LABO

LABOプロジェクト活動報告 #2
【世田谷インクルーシブラボ】


地域や社会の課題を学び、世田谷からできることをみんなで考える「SETAGAYA SOCIAL LABO」。
本記事では、現在進行中となる4つのプロジェクトの活動目的や描く未来、そしてプロジェクトリーダーたちの想いを紹介していきます。

今回は、「INCLUSIVE DESIGN インクルーシブな考え方」をテーマにしている【世田谷インクルーシブラボ】の詳細をお届けいたします!


新たな可能性や能力が尊重される暮らしを目指して

現在世田谷区には、子どもからお年寄りまで約92万人もの人たちが生活しています。
そんな世田谷区を舞台に活動する本プロジェクトが目指すものは、一人一人が持っている新たな ” 可能性 “ や ” 能力 “ が尊重され、世田谷区で暮らすすべての方にとって「優しい暮らしの実現」です。
そんなミライの実現に向けて、福祉を軸とした事業者の方と共に、福祉サービスを利用する方々の世界を広げ、そして未来への選択肢を生み出す「体験」を創出するための企画から実行までを行っています。

共に協力いただける福祉作業所の方とメンバーによる顔合わせからプロジェクトがスタートし、ここからはメンバー自身のスキルや経験を活かしながら、福祉サービスを利用する方々にとっての「体験」をつくる企画立案を行っていきます。



スキルを活かしてつくりあげるプログラム

本プロジェクトでは、20代~40代の方を中心に福祉関連の業種で働かれている方や、自身のスキルを福祉に活かしていきたいというクリエイティブ関連のお仕事をされている会社員の方などが所属しています。

ご自身のお仕事を活かすべくリーダーとして活動している「まいかるさん」▼
” ご一緒させていただく福祉作業所の方と顔合わせをし、企画内容に関して自由に発想いただいて問題ないとのリクエストをいただきました。無限の可能性がある中で、このプロジェクトをやってみたいと思い、集まったメンバーと一緒にこれから頑張っていきます!
今回の取り組みを通じて、メンバーにとっても、福祉作業所の利用者の方にとっても、新しい世界を広げられるようにしていきたいです! ”

リーダーをはじめ、世田谷区で暮らすすべての方にとっての「優しい暮らしの実現」に向けて活動する「世田谷インクルーシブラボ」。
それぞれ想いを持って参加しているメンバーの活躍が楽しみですね!



世田谷からできること

本プロジェクトでは、仲間と共に課題解決に向けて取り組むメンバーを追加募集しています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<参加時期>
10月下旬~11月上旬 

<実施内容>
世田谷区内の福祉作業所と連携しながら、福祉サービスを利用する方々の世界を広げ未来への選択肢を生み出す体験の創出を目的とした企画の立案と実施。

<定員>
10名ほどを想定
(※平日の活動がメインとなるため、平日休みの社会人の方、フリーランスの方、学生の方大歓迎です!)

・インクルーシブデザインに興味、関心のある方
・自身のスキルを「福祉」に活かしていきたい方
・まずは「福祉」という観点から世田谷のまちに関わりたい方
・自身のスキルや経験をいかして、障害者の方の新しい働き方の選択肢や未来の選択肢を広げるための世田谷発の企画(教室、イベント、コンテンツなど)を実施したい方 
などにおすすめです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加申し込みフォームはこちらから▼
https://gijb.f.msgs.jp/webapp/form/23874_gijb_5/index.do
※応募締め切り:定員に達し次第、順次応募終了とさせていただきます。
なお、定員に達した場合には、HP・個別のご案内にてお知らせいたします。

ぜひ、一緒に世田谷から「ちょっと先のミライ」を生み出していきませんか?