SETAGAYA PORT
LABO_FOOD-AND-LIVING-1-1

SETAGAYA SOCIAL LABO

LABOプロジェクト活動報告 #3
【Ethical & Setagaya】


地域や社会の課題を学び、世田谷からできることをみんなで考える「SETAGAYA SOCIAL LABO」。
本記事では、現在進行中となる4つのプロジェクトの活動目的や描く未来、そしてプロジェクトリーダーたちの想いを紹介していきます。

今回は、「FOOD AND LIVING 食と住の関係」をテーマにしている【Ethical & Setagaya】の詳細をお届けいたします!


世田谷に新たな消費文化をつくる

近年、「エシカル」という言葉が徐々に浸透してきていますが、それに基づく「エシカル消費」という言葉があり、これは人・社会・環境に配慮した消費行動のことを意味しています。
本プロジェクトでは、” 安さ” や ”お得かどうか” という基準で購入するのではなく、世田谷区で暮らす人々がより広い視野を持って「人・社会・環境に優しいモノ」を購入する消費行動やライフスタイルを目指しています。

具体的には、消費者の意識や行動を変えることで、「人・社会・環境に優しいモノ」をつくる事業が新たに生まれ、発展していくことを目的に、フェアトレードタウン世田谷推進委員会や世田谷区内の事業者と連携し、エシカル関連の雑貨などを販売する企画・開催を行います。

キックオフ以降、プロジェクトメンバーを3つのチームに分けてまずは12月に開催するイベントに向けてそれぞれが企画を練っています。
同時に、世田谷区内でエシカル商品を販売する事業者を巻き込み、イベントの成功を目指します。



「Ethical & Setagayaメンバー」でつくりあげるイベント

本プロジェクトでは、20代~40代の方を中心に、会社員の方やシステム開発のプロジェクトマネージャーとして勤めている方、その他イベント企画運営の経験を持つ方や料理人として働かれている方など様々な業種の方が所属しています。

世田谷の新たな発見と発信を目的にリーダーとして活動している「しのしゅんさん」▼
” これからの時代に必要なモノコトとして"エシカル"は重要なテーマであると感じています。
そんなテーマを多種多様な文化や人々が形成されている世田谷から発信できるということで、僕自身すでにワクワクしながらイベントに向けて活動しています!
当日イベントに来ていただいた方々には、見て、触れて、新たな魅力が発見できる機会にできればと思っていますので、まずは協力いただく皆様とともに盛り上げる準備をしてまいります! ”

学生時代に「エシカル消費」について研究されていたリーダーの「まほさん」▼
” 都会的であり昔ながらのノスタルジックな雰囲気も残る世田谷。そんな素敵な街からエシカルを発信できるイベントに参加できるのはとても光栄なことです!さまざまな経歴を持った“SETAGAYA PORTのLABOメンバー”で創り上げるイベントを、
運営・事業者様・当日来場してくださる方で盛り上げて、世田谷区をもっと素敵な街にしていきたいと思います! ”

消費者一人ひとりの行動が未来を変える“チカラ”となることに気づき、実感するきっかけづくりまでを描く「Ethical & Setagaya」。
12月のイベント開催に向けてメンバーそれぞれが役割を持って走り出している活動に注目です!



世田谷からできること

本プロジェクトでは、仲間と共に課題解決に向けて取り組むメンバーを追加募集しています!

※定員に達したため募集を終了とさせていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<参加時期>
12/4(土)エシカルイベント開催日

<実施内容>
イベント当日運営
※12/4(土)イベント以降は、エシカルの世田谷独自の基準作成などを検討しているため、エシカル関連の企画立案・実施にもご参加いただける予定です。

<定員>
5名を想定

・エシカルへの興味・関心がある方
・サステナブルな取組みに興味・関心がある方も大歓迎です!
・何か新しいことに挑戦してみたい
・世田谷を軸に多種多様な人たちとつながりたい
・社会や地域の課題解決に興味がある
・面白いアイデアやプロジェクトを生み出したい
そんな方におすすめです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加申し込みフォームはこちらから▼
https://gijb.f.msgs.jp/webapp/form/23874_gijb_5/index.do
※応募締め切り:定員に達し次第、順次応募終了とさせていただきます。
なお、定員に達した場合には、HP・個別のご案内にてお知らせいたします。

ぜひ、一緒に世田谷から「ちょっと先のミライ」を生み出していきませんか?